ハニカムスクリーン

 

アメリカで開発された、ハニカム構造(蜂の巣状の六角形)を採用した不織布生地のブラインドといえばハニカムブラインドです。

そのハニカムブラインドならLucenthomeのものがオススメです。

ハニカムブラインドならHunterDouglas(ハンターダグラス)も有名ですが、バリエーションやファブリックカラーの多さなら断然Lucenthomeの方が多いと思います。

Lucenthomeの特徴の1つとして、生地にもよりますが、LucenthomeのカラーはHunterDouglasのカラーより断然多いです。

 

Lucenthome

o

so1

so2

e

wa

s

HunterDouglas

20140314_215800~01

 

また、HunterDouglas(ハンターダグラス)には電動式などのものもありますが、価格もやはり高価になります。

その反面、Lucenthomeのハニカムブラインドは電動式のものこそありませんが、遮光性・保温性・断熱性に大変優れる上に、色やバリエーションが豊富にある面から、様々なお部屋に合わせる事のできる使い勝手の良いハニカムブラインドであると言えると思います。

LucenthomeやHunterDouglasには「コードレス」というタイプがあるのですが、Lucenthomeでなら「トップオープン」というブラインドでもコ-ドレスタイプで製作できるのです。

この「トップオープン」というのは、ブラインドが上部と下部に分かれていて、上部はハニカム生地を付けず、下部にだけハニカム生地を付けるというものです。

これにより、外の光を直接取り込む時のバランスを調整したり、部屋のプライバシーを守りながら光を取り込むという事が可能になっています。

しかもLucenthomeのトップオープンは Good Design 賞を受賞しました。

http://www.g-mark.org/award/describe/37468?token=HHX0QSpcfk

コードレスタイプの利点はコードによる事故が減らせる点なので、お子様やペットがいるご家庭にも安心してお使いいただけます。

(参考→http://www.lucenthome.jp

 

もしお部屋の窓枠にカーテンを付けようかお悩みの方や、もしくは「窓枠にブラインドを付けてみたい」など、窓まわりのインテリアをご検討中の方がいらっしゃいましたら、ハニカムブラインドというものも選択肢に加えてみるのはいかがですか?

 

参考:Lucenthome(URL http://www.lucenthome.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>